Webマーケティングコンサルティング.jp「成長企業」「中企業」「大企業の事業部門」向けのWebマーケティングコンサルティング

当社の強み難しい業種に強い理由

当社の強み

わかりにくいビジネス大歓迎!学習に基づく分野理解

「こんな専門的なこと言ってもわからないですよね・・・」
そんな遠慮は弊社には不要です。会議では普段お使いの業界用語、専門用語をどんどんご使用ください。

私たちは、知る世界を拡げることが面白いことだと考えています。
業界知識とWebマーケティングの力がひとつになったとき、最大の効果が生まれます。

image

理解が不十分では、狙って成功させることは出来ません。

例えば、工学、サイエンス、セキュリティ、先端技術など前提知識が必要な分野であったり、建築資材、半導体、M&A等、業界特性や集客ターゲットの背景理解が無ければ話にならないような分野であっても、お客様からの情報だけに頼らず自発的に掘り下げてきた実績があります。

私たちは、知る世界を拡げることが面白いことだと考えています。コンサルティングを継続していると、まるで同じ業界の人に感じてくることでしょう。
業界知識とWebマーケティングの力がひとつになったとき、最大の効果が生まれます。

担当Web会社が受け身になり、結果が出ないパターン

  • セールスポイントが
    何であるか伝えようにも 「専門知識を要する」
  • 業界独特の慣習、ルールがあり、任せられない
    と感じている
  • ターゲットが「想像しにくい」一般人には未知の存在
  • そもそもそれが門外漢には、
    これが何なのかすら「わからない」

通常Web制作を生業にする会社ではこのような場合、十中八九「言われたとおり」に作ります。
内容を深く理解せず、お客様から頂く情報をそのまま掲載するだけに留まります。

ですが通常、お客様はWebの専門家ではありません。ましてやWebマーケティングの専門家でも無いことがほとんどです。
難解な要素を持つ業種のWebサイトでは、Webマーケティング戦略を考える工程が十分に行なわれずにリリースされがちです。

Web制作会社が十分にお客様のビジネスを理解出来ない場合、「誰に対して何をどのように訴求するのか、そのためにどうWebで表現するのか」という Webマーケティングの肝の部分でさえお客様任せにしてしまい、「集客に使えない」Webサイトができあがってしまいます。
当社ではそこからのリカバリーを依頼されるケースがよくあります。

第三者のリカバリーが必要になるケース

業種への理解が浅い

  • 分析・戦略策定

    抜け落ちる
  • 情報設計

    お客様任せ
  • Web制作

    主観で制作
  • サイト運用

    行き詰まる

集客に使えないWebサイト
「リカバリーが必要」

私たちはそんな「成果が出ないWebサイト」を
「成果が出るWebサイト」に変える専門会社です

私たちはご相談頂いたお客様のビジネスが難解であればあるほどワクワクします。
なぜなら、大きな可能性に満ちあふれているからです。

難解さの障壁

[ 競合の担当Web会社の理解度が低い=競合が弱い ]

莫大な費用を掛けずとも [市場] [競合] [自社] を徹底理解して
適切なWebマーケティング施策を行なえば成果が出やすい。

当社が難しい業種に強い理由

徹底した学習に基づく
分野理解・業界理解

当社では、情報源をお客様に頼るだけでは弱いと評されます。
コンサルタントであれば、自ら深い情報を取りに行くべきだと考えています。それには情報源がWebだけというのも、やはり弱い。

まず行うのは、お客様の業界・業種・分野に関わる専門書を集め、お客様のビジネスを理解することです。難解な技術書や、先進的な論文もかき集めインプットしていきます。

お客様の土俵で、お客様と同等かそれ以上に業界・分野の話が出来ることを常に目指しています。 その土台がある上で、Webマーケティングの専門家であるということが飛躍を生むと考えています。

その分野理解のこだわりは、東証一部上場企業の創業社長から「ここまでうちを理解してくれるとは、ここ以外考えられない」とコメントをいただくほど。
一流のプロに認められるプロでありたいと、私たちは常に思っています。

成功の秘訣お互いに領域を飛び越えて知識の混合地帯を作ること

photo

お客様自身も、どう売ればいいのかわからないケース、新規事業/新商品の様に、お客様自身もノウハウが少ないケースもあります。
そんなとき、「支給される情報が無いから出来ません」では頼りないでしょう。

当社のコンサルティングが年単位で継続され、既存事業も新規事業もご相談いただけるのは、
取り組みの中で「違う世界の人」といった垣根を感じることが少なく、日々益々自分たちのことをわかって成長してくれる、
社員のような存在に感じて頂いているのではと思っています。

PAGE TOP

コンサルティングの
提案依頼・ご相談